語学学校多数!セブ島の魅力とは

画像

人気のリゾート地で英語が学べる

フィリピン・セブ島に留学するなら勉強だけしていては損です。セブ島は、真っ白な砂浜に青い海を有する世界有数の国際リゾート地として有名です。スキューバダイビングや島巡りツアーなど様々なアクティビティが充実しています。また、セブ・シティは大型のショッピングモールやデパートなどもある大きな街となっているため、買い物好きの人も十分楽しむことができます。

その他にも、歴史的観光スポットやゴルフやエステ、映画館なども格安で楽しむことができるので、勉強以外にも充実した海外生活を送ることができます。平日はみっちり授業が入っている方も息抜きに休日はどこかに出掛けてメリハリのあるフィリピン留学生活を送ることができます。

フィリピンはなんと世界第3位の英語使用国!

なんとフィリピンはアメリカ・イギリスに次いで世界で3番目に英語を話す人口が多い国なんです。アメリカやイギリスでは英語は母国語なのに対し、フィリピンは母国語がフィリピン語です。そのため、英語が母国語でない国に中では世界で1番とも言えるほど英語が浸透している国なんです。もちろん、現在放送されているテレビ番組の約8割は英語による放送で、映画も字幕なしで英語で上映されています。

またフィリピン人の英語は、母国語が英語のアメリカやイギリス人のように感覚的に自然に身についたのではなく、英語の文法や単語を一から学ぶ困難を経て身につけた英語力です。そのため、日本人の「発音が難しい」や「分からない」などの感情を理解して教えてくれます。

日本から近く、短期ならビザも不要

今まで知らなかった人も多いと思いますが、実はフィリピン共和国は日本から一番近い英語圏なんです。東京から直行便で約4時間という短時間で行くことができ、時差もわずか1時間なので、時差ボケに悩まされる心配もありません。長い移動時間に時差も生じる欧米留学に比べると気軽に留学することができます。

また、30日以内の短期留学であればビザの手続きも不要なので難しい手続きをする必要がありません。フィリピン入国時に必要な条件は2つです。1つ目は、パスポートの残余期間が、6ヶ月以上プラス滞在日数があること。そして2つ目が、往復航空券または他国に出国する航空券を持っていることです。この2つがあれば留学可能なので簡単な条件さえ当てはまれば手軽に留学可能なのです。

TOPへ戻る