こんな人にオススメ!

画像

長期の休みが取れない社会人でも行ける!

留学をする場合は6ヶ月から12ヶ月の期間滞在して、一気に英語力を高めるのが効率的にはいいと言われています。しかし、会社に務めていて、長期休みが取れない!そんな人も多いのではないでしょうか。フィリピン留学は1週間からの短期留学が可能で、日本からも近いので会社が休みになる大型連休のゴールウィークや、夏季休暇、シルバーウィークなどを利用して会社を辞めずに留学することができます。もちろん何度かに分けて留学することも可能です。

また、フィリピンの語学学校は寮での生活になる場合が多く食事や洗濯などの生活に関わることはサービスの含まれることが多いです。そのため、短期の留学でも効率的に勉強に集中することができます。エージェントによっては1ヶ月以内で申し込み可能なところもあるので、忙しい人でも急に思い立っても留学することができます。

ワーホリで欧米に行きたい。でも英語力に自信がない・・・

ワーキングホリデーで欧米に行って仕事をしながら英語を学びたい!そう思っている方、ちょっと待ってください。英語に自身はありますか?もし、少しでも英語に自信がないのであれば、ワーキングホリデー前にフィリピン留学することをオススメします。それは何故かといますと、英語を習得する目的でワーキングホリデーに行く人の多くは仕事の忙しさから実際には英語がしっかり身につかず帰ってくる場合は多いからです。
英語を学ぶために留学しても仕事が忙しく英語を勉強できず身につかなければ本末転送です。
そのようなことにならない為に、まずは短期間でしっかり学べるフィリピンに留学し英語力を磨き、英語の基礎が身についたらワーキングホリデーで欧米に留学することをオススメします。

現地アクティビティも楽しみたい!

せっかく留学するのであれば、英語を学ぶだけじゃなく、その地域でしかできない経験をたくさんしたいですよね。フィリピンには、豊富なアクティビティがあり、日本では味わえない様々な経験をすることが出来ます。そのうえ費用も安めなので、あまりお金を気にせず楽しむことができます。週末は、語学学校も授業がないので、学んだ英語を自然に使ういい機会です。週末は是非外に出てアクティビティを楽しみましょう。

アクティビティは、ダイビングやスパ、歴史観光や映画鑑賞などたくさんありますが、一番のオススメはもちろん、ダイビングです。ダイビングはフィリピンにくる留学生の中で最も人気の高いアクティビティです。フィリピンの海は、3000種類の魚とたくさんのサンゴが生息していて透明度も高い。そのため、絵画のような美しい自然を堪能することができます。フィリピンに留学したら一度は必ずやりたいアクティビティです。

TOPへ戻る